FC2ブログ
真面目に変わっている人の考えている事
日頃、疑問に感じた事を自分なりに考えて書いていきす。浅学ゆえ多々至らない点があるとは思いますが、一緒に考えたり、間違いをご指摘されるとありがたいです。まずはカテゴリーの「はじめに」を。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
切腹とは何だったか?
赤穂浪士事件がよくこの島国では印象的だとは思う。君主に対して切腹してまで貫く忠心には多くの人が心うたれる。ある本に書いてあったように当時、権力につく側に不正などで下の者が多くが泣き寝入りのようなことが多かったし、金銭主義が隆盛ではあろうし、過去の忘れ去られようとしている武士を見て感嘆する人もいたろうし、武士が道徳模範だけに庶民が感激するのは確かだ。
 その事件当時の人は本当にそれだけで感嘆したのだろうか?というのは現在の島国の人はなぜ心打たれるたのだろうか?というこである。その現象として事件後から取り入れられている歌舞伎は別として、今にも新たに時代劇として伝えられただろうか?それは今、あるいは武士階級がなくなったその後は事件当時の時代背景を知って感動しているのだろうか?そういう理由は別にして伝わるには否ではなかろうか?あの江戸の事件だけを考えるとわからなくなる。切腹という行為は主君対家臣のみの為には存在しえなかった。
 インテリ達の西洋的な見方で目で見たまま自殺ととらえるのは一方的ではないのか?現状立たされている状況に適応できなくなったといえば共通かもしれないが。切腹する彼らの内的理由は違うだろう。敵に首をとられるぐらいなら自分で命絶とうという意地があってする人もいたろうし、戦で負けを認めて潔く自ら命絶とうという人もいたろう。しかし、それだけではここまで多くの人は感動すまい。私達が心打たれるそれは何か?このような人の切腹ではないか?切腹する理由はいろいろあれ、その理由の為にある行為をやったていたのだと死をもって、その周りの人に自分の誠を示すことであり、己に誠であろうとする心だ。切腹する本人は死を覚悟するからこそ、よりいっそう動機は純化する。目撃する側は死が誰にも恐怖的な対象であることによりいっそう動機は純化しているのを感知する。それだけに視覚的にも見てそうとらえていただろう、または今も多くの人はとらえているのだろう。あくまで何か大事な物の為に一途に思う純粋な心にうたれるのだろう。誠というものに。
 方法は違えど戦中これが神風特攻隊へと受け継げれていく。大陸の国でのあのテロのような宗教の戒律に対する行為的な死(死によって報われる)のものとは異質である。この島国、独特のものだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。