FC2ブログ
真面目に変わっている人の考えている事
日頃、疑問に感じた事を自分なりに考えて書いていきす。浅学ゆえ多々至らない点があるとは思いますが、一緒に考えたり、間違いをご指摘されるとありがたいです。まずはカテゴリーの「はじめに」を。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
島国の人の判断の一つの指針との関連話
ある評論家の興味深い文があった。この国で革命があったとして、何年か後にしてこの国の人は革命があったことさえもわからないだろうと書いていた。私は戦後の特徴(戦前の価値観を切り捨てたことのみ)とは思えない。私に美術観はないが違うある評論家がこの島国の各芸術(歌舞伎、狂言、能、建築様式など)はその時代ですでに完成されていて次世代に伝えるものがないと言う。この国の時間の感じ方を表しているのではないだろうか?時間という流れを座標に表すとして欧米の国の人は時間が流れる(積年する)ほど+へと数字が積み重なるが、この国の人達は現在の時間の座標が違う他の所から時間の座標がやってきて、それが現在の時間座標になる感じではなかろうか?それがこの国はじまって以来のことではないだろうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dekapukka.blog25.fc2.com/tb.php/22-89b1c72d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。